FC2ブログ
辰巳櫓と三階櫓
新発田城は1598年に初代藩主溝口秀勝が建設を始め、1654年、三代藩主溝口宣直のときに完成しました。昔のまま残っている表門と旧二の丸隅櫓はとても貴重なもので、国の重要指定文化財となっています。近年新発田城を復元させたいという声が集まり2004年に新発田城辰巳櫓と三階櫓が復元されました。
両櫓の鯱と鬼瓦に願文が刻まれており、道学共創、凛呼不朽、大地悠久、世世進展、萬民安康、長久安全、陰徳陽報、誠実公正、克己復礼、至誠一心は溝口藩主の著書からも引用され、新発田の未来の人たちへの願いが込められているそうです。        斉藤
2007/06/20(Wed) | スタッフの独り言 | page top↑
 ホームに戻る