FC2ブログ
「楽市楽座」にぎわう
新発田市で29日、「十二斎市」と「升々楽座」という二つの町おこしイベントが開かれました。十二斎市は寺町地区、初開催の升々楽座は金升酒造の蔵で行われ多くの交流があったようです。
十二斎市は、江戸時代から10年ほど前まで開催されていたという定期市を、地元の敬和学園大生らが2008年に復活させ春と秋に開催し今回で6回目になります。今年は、被災した岩手県陸中沿岸を支援しようと、同所に伝わる「黒森神楽」の置物なども販売し数時間で完売したそうです。
升々楽座は、1930年築の蔵を活用しようと企画、十二斎市と同日開催のため楽市楽座にあやかり升々楽座と名付けられたそうです。スチールドラムを使った演奏会で巨大な蔵の中で約200人がリズムに酔いしれたようです。このような町おこしのイベントは定期的に行われるとうれしいですね。鈴木
2011/05/31(Tue) | 未分類 | page top↑
 ホームに戻る  次のページ